昔の事・今の事

基本noteと言うサイトや、他にキマグレに作ったブログからの転送で、加筆・訂正ありです。https://note.mu/zhou

自転車

推理小説によくあるようなシュチュエーション。

吹雪で出られない屋敷。そこで殺人事件が起きる、犯人は屋敷の中にいる10人の中の誰かだ・・・

しかし、みんな良さそうな人、にも見えるし、犯人にも見える。

中国にいて、特に日本人だから・・・と、特別ナニかがあった事はない、あったとしたら、外国人だから、中国語が出来ないから・・・だ。

そんな中で、自転車が壊される。倒された自転車のタイヤの上で、執拗に飛び跳ねたのだろう、グンニャリとタイヤが変形している。

いっぱいある自転車のなかで、明らかに狙われて壊されている。

犯人はマンションの住人、挨拶するほどの中ではないけど、敵意むきだしの人などいない。

しかし誰かが影で「日本人の自転車壊してやったぜ」と喜んでいるのだ。

抗日ドラマを毎日放送している国で、犯人探しをした所で、味方など誰もいないと思ったほうがイイ。

怖いなと思う、風向きが変わって、反日と誰かが言い出したら壊されるのは自転車どころではない。

でも、日常生活の中で悪い顔を出している人はいない。