昔の事・今の事

基本noteと言うサイトや、他にキマグレに作ったブログからの転送で、加筆・訂正ありです。https://note.mu/zhou

手作りソース。

 

f:id:OLD:20170228233036j:plain

 

手作りのウスターソースが美味しい。

昨日、一ヶ月ぶりぐらいに作ったのが上の写真、結構出来るし、煮沸消毒したビンに入れて三ヶ月ほどもつというけど、なんだかんだ使って一ヶ月ほどで無くなる。

中国で暮らして、困るのは欲しいものが簡単に手に入らない事、ウスターソースもそのひとつ。

手に入らないなら作ろう、という事で調べると、結構大変である、色々と香辛料とか必要で、めんどくさい。

今ちょっと調べても・・・

シナモン 2g
ナツメグ 2g
一味唐辛子 2g
クローブ (ホール) 2g
オールスパイス 5g
セージ 2g
タイム 1g
クミン 1g
カルダモン 1g
ローリエ 3枚

だいたい、こんな感じで、そんなに香辛料買うの?、高いだろ!、面倒だよ。

となって、あきらめながらも、とんかつにはソースだろという思いは消えず、調べた中で一番簡単なものを自分流のアレンジして作ったら美味しかった。

必要な香辛料はクローブとシナモンだけ、胡椒と塩、砂糖ぐらいは普通にあるだろうから問題ないだろう。

ついでに書くと、料理本の人参1本、タマネギ3個とか、大きさも違うし、よく判らない、グラムで書かれても、全部計るなんて面倒だ。

特に奥さんが外国人だと{普通の大きさ}の単位がまったく違うので笑ってしまうしか無い事がある

単位は{手}だ、手なんて大きな人もいれば、小さい人もいるけど、そのぐらい適当な感じで大丈夫。

材料。
にんじん、グー1個(以下、単位は基本、大人のジャンケンのグー)
トマト、グー3個。
タマネギ、グー1個
セロリ、パー1個。(雰囲気でグーの半分)
ニンニク、親指1本。
しょうが、親指1本。
干し椎茸、パー1個。
パイナップル、グー1個。
リンゴ、パー1個。

香辛料。
クローブ、小指の先1本。
黒粒胡椒、小指の先1本。
シナモンスティック、小指1本。

以上のものを水5カップで1時間煮る。

冷めたらフードプロセッサーでつぶして、以下の調味料を入れ、30分煮る。

調味料。(これだけは計ったほうがいいかも)
醤油、1カップ。
黒酢、2/3カップ。
黒砂糖、親指2本。
塩、小指の爪。

冷ませば完成。

こんなに簡単にソースが出来るのって感じ。

ソースとしてとんかつ、コロッケ、なんでもかけて食べるのもokだけど、ミートソース作りとか、色々と隠し味的に使うのも美味しい。

材料をそろえる手間はあるけど、これだけ美味しければ、そこまで大変とは思えなくなる。