読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昔の事・今の事

基本noteと言うサイトや、他にキマグレに作ったブログからの転送で、加筆・訂正ありです。https://note.mu/zhou

中国で家を買う・・・46

 

2016/06/16 00:09  

カーテンを購入する。中国にはカーテンの既製品と言うものが存在しないようだ、ともかく見たことが無い、各住宅が、統一なく、勝手に天井の高さだの、窓の位置なんかを決めているので、スタンダードというものが無いのだろう。

という訳で、別に安いカーテンでいいのだけれど、作るしかない、という事でカーテン屋さんへ、

まあ、趣味はそれぞれなので良い悪いはないけど、シンプルな遮光カーテンを探すのに苦労した。

カーテンの値段はピンからキリまで、ウチは遮光カーテンとレースのカーテンをセットで、1m、55元の物にした、かなり安物のほうだが、まあ標準的といっていいだろう、コレを色違いで3部屋分、それとカーテンレール。

生地を決めた翌日、カーテン屋さんがサイズを計りに来てくれた。

女性ひとりでザクっと測っていく、プロなのだからと任せるしかない。

それから数日後、出来上がったカーテンを持って、カーテンレールを取り付けるための業者が来た、天井のコンクリートは初期の内装工事で配線をした際、かなり硬い事がわかっていたので、頼んだのだが、想像以上にデタラメな取り付け方で後悔の気持ちでイッパイ。

やはり、出来る限り自分でやるしかないのだ、自分でやったら50点の出来と判っていても、業者は20点の仕事しか出来ないのだ。

穴をあける際は、脚立の移動が面倒なので、手を伸ばして(かなりナナメになっても)あけられる範囲にしか穴をあけない・・・

そして関係ないところに穴をあけ、壁にキズをつける、当然、天井に取り付ける金具の位置もあまりにも適当。

もう、考えられない事ばかり、だが、特に謝る訳でも、補修して帰る訳でもない、やりっ放しだ。

まあ、予想はしていたけど、やっぱりここまでやるか!って感じ。

でも、これで業者に入って作業してもらうような事ももう無いだろう、本当は窓に網戸も取り付けたかったのだけれど、こんな調子では頼む気になれない。

 

内装作業も大詰めと思いながらも、なかなか作業は進んでいない。

最近の作業は玄関の割れた大理石を剥がしてコンクリート流し込んで、タイルを貼る準備。

これがどうしてイイのか判らない状況に、当然水平を出すべく、水平器を出し水平を測りながら四隅に糸を張り・・・的な事をやってみたら、どうにも水平が出ているはずなのに、ナナメっている。

何度も確認してドアの枠に水平器を当てると、ドアがナナメになって取り付けられている事が判明。当然の事に床もナナメである。

こんな状況でムリに玄関先だけを水平にすると、そこだけがナナメに見えてくる・・・という訳で、水平なんか、もうどうでも良くなる。

その後は

階段上の、大きく開いた穴を塞ぐフタのようなものを、丈夫な鉄骨を利用して作り。

その後、鉄骨の階段に板を取り付ける、いい加減な取り付け穴に一苦労。

タタミ置く台のニス塗りが完了。

まあ、着々と内装は進行中・・・

そんな中、ひとりで作業をしていた夕方、またまた現れたのが隣の夫婦、かなり前にもやってきて、ペンキの匂いが臭い、という苦情を言われ、奥さんが妊娠中と言う事もあったし、シンナー系の匂いがキツイのも判るので、ペンキを塗る時には連絡するという話になっていた。

その約束は守っていたのだが、なぜかやって来て、何か言ってる、夫のほうは少し英語が出来るようなので、匂いの事謝り、あと1ヶ月ぐらいで終るとはなし、妻から電話させると言う。

夫はニコヤカだが、奥さんは怒ってる感じ。

すぐに妻に電話するように伝え、夜に家に帰ると、隣の奥さん、かなり怒っていて、さんざん苦情を言って、こちらが「そう言われても内装を途中でやめる訳にはいかない」というと、電話を切られたという。

妻はお隣さんとケンカしてもイイ事ないのでと、メールで事情を説明、(こちらは電話番号で送れるショートメールが主流)かなり譲歩して、ニスを塗らない訳にはいかないけど、塗って欲しくない期間があれば塗らないから、と伝える。

その後、散々、文句のメールが来たようだが、まあなんとかうまくやるしかない。

上の写真右がお隣さんだけど、もう見て判るとうり?完全な漢民族で、漢民族には漢民族の色々なしきたりがあるらしく妻にはそれが判らない。

漢民族は漢民族の学校、朝鮮族は朝鮮族の学校で、高校まで出て、大学に入って初めて合流?する、決して仲良く暮らしている訳ではないようだ。

ともかく、漢民族には出産前、出産後に独特のしきたりがあるらしく、ニス塗りに神経を使う、当然、生まれたばかりの赤ちゃんにシンナーの匂いがイイと思っている訳ではない。

聞くところによると、中国では出産後、約1ヶ月、部屋から出ないそうだ、厚着をして体を冷やさないようにして過ごす、というのが一般的で、それはそれで、そういう風習を尊重したいが、1ヶ月もニス塗りが出来ないのはツライ。

お隣の出産と完成との勝負のようになってしまった。