読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昔の事・今の事

基本noteと言うサイトや、他にキマグレに作ったブログからの転送で、加筆・訂正ありです。https://note.mu/zhou

中国で家を買う・・・22

 

壁塗り屋さんが又来てくれた、今度は夫婦で。妻に言わせると、何度も内装業者と電話でやりとりしているのを、なんとなく聞いていて、可愛そうになったのだろう、という事・・・そうとう文句を言っていたみたいだ。

明日行く・明日行く・・・ばかりで、様々な事をなかなかやってくれない、最近は妻のほうが怒っていて、逆に僕の怒りが収まるほどだ。

今日の壁塗り屋さんの仕事は壁をサンドペーパーで磨き、その上に水性ペイントを塗る事・・・ほとんど仕上げだが、壁塗り屋さんいわく、床の自流平をするなら、また壁が汚れるから、もう一度来る事になるかも・・・

写真じゃ伝わらないけど、まあキレイにしてくれたと思う。

帰り際に「ペンキの臭いが気になるなら、タマネギを切っておくといいよ」って教えてくれた・・・初耳だ・・・タマネギ臭くならないといいけど・・・

壁はキレイになったが、それ以外にも、まだLAN回線の工事が終ってないので、もう一度壁を掘る事になるかもしれない・・・内装業者の計画性の無さにあきれるばかり。

僕は、まあ本来、内装業者が手配する仕事だろうけど、7階部分のコンセントやスイッチ類の取り付けを行う、丁寧にやらなければ水平が取れない、

自分でやったほうが心が落ち着く、天井に取り付ける照明器具なども自分で取り付ける{覚悟}が出来ている、ちゃんと真直ぐに取り付けてくれるか心配するより、自分でやったほうがイイ。

あと、内装業者がやるべき大きな仕事は3つ、LANの回線工事、トイレの天井の取り付け、床の水平出し・・・。

それが終れば、自分たちで手配したキッチンの取り付け、床貼り、トイレやシャワーなどの取り付け・・・内装業者はゴミ処理と、最終的な部屋の掃除ぐらいか・・・ゴミ処理はムリだけど、掃除ぐらいは自分たちでやれる・・・早く終って欲しい。

翌朝、また誰もいない部屋。今日はどうなるのか?、憂鬱な気持ちで妻に内装業者に電話してもらうと、これから来るという。

しばらく待って来た内装業者社長は、誰かを連れている、トイレの天井を取り付けてくれる人らしい、トイレの中を物色しているので、あらかじめ買ってあった天井などの部品を見せると、足りない部品があるという・・・買いにいくしかない。

そんな事を話ているうちに自流平の人たちが突然来る、自流平とは部屋の床をツルーっとしてくれるモノらしい。

「自流平水泥」と書かれた袋が運び込まれる。内装業者の社長が用意させていたようだ、もちろんその分のお金は先払いしている、いまさら材料は用意しろとは言えないだろう。

SELF LEVELING QUALITY ASSURED と書かれている、自動で水平をとる?

まあイイ、任せるしかない、見ていたかったが、トイレの天井の材料を買いに行かなくてはいけない。

もうおなじみになった「北大建材市場」へ、ここに来ればだいたいの建材は揃う、天井の材料を買って大急ぎで帰る、自流平が気になる・・・が、作業は終っていた。

確かにツルーっってなってるように見える、けど、それは乾いていないから・・・一日は中に入ってはいけないらしい。

まあ、これ以上{水平}を追求するのはやめようと思う、なんとかなるだろう。

まあ自流平が乾くまであまりホコリもたてられないだろうから、大人しく帰る。明日にはトイレの天井の取り付けも出来るだろう。

しかし、予想は裏切られる・・・翌日になって、昨日{足りない部品}があると言っていた人が来たのだが、作業を始める前、妻がなんとなく「こういう仕事は長いのですか?」的な事を聞いたら、「あまりやった事がない」との返事。

本来は木工の仕事をしていて、天井の取り付けは、何度かやった事がある程度だという・・・ちょっとマテ!!!、ダダでさえ、自称プロたちがヒドイ仕事をしている国だ、「あまりやった事がない」人に任せられないし、なんだかやる気も無さそうだ・・・申し訳ないが、すぐに内装会社社長に電話する・・・

今日来た人は、内装会社社長が安くやらせようと、友人を連れてきたみたいだが、安くやらせようとし過ぎたみたいだ。

妻がどういう交渉をしたのかわからないけど、今日来た人にはお帰りいただき、天井を取り付ける人は、我々が見つけるので、その料金は最後に精算するときに引かせてもらう・・・事で話がまとまる。

天井を取り付ける人は、天井の材料を売っている店で紹介してもらえる、妻は昨日、足りない天井部品を買ったお店に行き、職人を午後にも来て貰えるように頼んだ。

まったく、もう・・・である。

天井職人は14時頃には来て、黙々と仕事を始めたのだが、またもや、○○と××が無いか?(発泡ウレタンとシリコンみたいなもの)とイイ、妻が買いに行く事に・・・もう恒例になった、使って欲しいモノを客が用意しないと、業者は粗悪品を使っちゃうよ・・・というヤツだ。

それでもまあ、なんとか、ちょっとは美しくなった。

↑こんな感じが ↓こんな風に・・・

実は、良く見るとカドが合っていなかったり、ちょっとヒドイ出来ではあるけど、これが精一杯なのだろう・・・

さて、ちょっとづつゴールが見えてきた感はあるけど・・・どうなる事やら。