読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昔の事・今の事

基本noteと言うサイトや、他にキマグレに作ったブログからの転送で、加筆・訂正ありです。https://note.mu/zhou

中国で家を買う・・・12

壁塗りが始まった、石膏に何かを混ぜて使っているようだ、まず、コンセントやスイッチを移動させた際に掘った溝を埋めている・・・しかし、まだ電気工事が終っていない箇所もあるのだ・・・埋められて困る溝もある・・・。

いくつかの注意事項を壁塗りに来ているオジサン、オバサンに伝える、二人は夫婦のようだ。 

壁の角を直角にするため、プラスチックの板を埋めたりもしている、うまいかヘタか、まだ判断は出来ないが、感じのよい夫婦だ。

炊飯器を持ち込んで来ている、外で食べると安くても一食10元(約200円)はする、ご飯を炊いて、キムチ程度のおかずを持って来るのなら、二人で5元もしないだろう。

タイル貼り屋さんも炊飯器持参だった、ここからは妻の想像も入って来るが、作業している人たちが、だいたい南の地方の言葉を喋っていて、よく聞き取れないという、夫婦で出稼ぎに来ているのでは無いかと推測される・・・

実際、賃貸の家探しをしていた頃、一月500元(約10000円)ぐらいの安い部屋があったのだが、不動産屋によると、そういう部屋は出稼ぎ労働者が借りるような、キレイな部屋とは呼べない部屋だと教えられた。

まだまだ貧富の差の激しさを思い知らされる。

壁塗りを眺めていても仕方ないので、家を後にする・・・作業の進行状況がイマイチ判らない・・・電気工事はどうなってるんだ?

翌日は誰も来ていなかった、壁塗り道具は置いたままだ・・・まあ、仕方ない。

ゴミだらけの部屋を、少し片付ける、本当は掃除屋さんがいるはずだが、自分の家ぐらい自分で片付けられる。そして7階部分の自分で内装する部分を、少し細かく考える・・・

翌日も変化なし。

これから使うであろう砂が、配線で使った銅線だの、それを包んであったビニール、壁材の落ちてきたもの・・・ゴミまみれで、おそらく、こっちの人は、それらも全く気にせず、セメントに混ぜ込みそうなので、フルイを買ってきてゴミを除ける・・・なんでこんな事まで・・・と思いながら・・・

基本的には内装屋さんにまかせているので、口出ししたくないのだが、何も無い状態が二日も続いたので、連絡する、気になってる、電気工事、LANの配線工事・・・すると、その日の15時過ぎになって電機工事の人がやってきて、壁を掘り、こちらが望んでいた作業にとりかかる・・・

しかし、雑だ・・・ちゃんと水平のガイドラインを引いていたのだが、壁塗りされ、線は消され・・・

適当に大きく穴を掘られただけ。

基本的に、次の人がなんとかするだろう・・・的な考え、穴は大きく掘ったので、コンセントを固定する人、ヨロシク・・・だ。

まあ、すこしづつ終わりに向かって進んで行く。