読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昔の事・今の事

基本noteと言うサイトや、他にキマグレに作ったブログからの転送で、加筆・訂正ありです。https://note.mu/zhou

パソコンTVの話。(2001)

 

パソコンTVの事も書いておこうと思う。

今でも{アビバ}はあるみたいだけど、当時とは経営が変わっている。

今は知らないけど、当時は完全なブラック企業だった。

すごく記憶しているのは、世界貿易センタービルの同時多発テロ、いわゆる9.11、2001年の話。

当時、アビバの本社は新宿センタービルの43階にあったので、窓から見る景色に飛んでくる飛行機の映像をダブらせて恐怖を感じた事を覚えている 、だから僕がアビバで仕事をしていたのは2001年前後の事になる。

アビバはスカパーで「アビバ・バソコンTV」というチャンネルを持っていて、新宿にスタジオがあり、そこでいくつかの番組を作っていたのだ、もうすっかり記憶が飛んでいるけど、「誰でも出来るエクセル」とか「超簡単!フォトショップの使い方」みたいなタイトルの番組がほとんどで、僕もその中で、そういう番組を言われるままに番組を作っていた。

基本はブルーバックのスタジオで撮影、合成される背景はどこか外国でつくられた、結構高価なCGの静止画だった。

肩書きはディレクターではあるけど、授業内容はアビバの先生がいて決める、だいたいが6回完結か10回完結だったと思うが、定かではない、その辺は編成との相談なのだろう、気にした事はなかった。

若干の打ち合わせはあるけど基本ディレクターは先生の進める授業を撮影するだけ、当然パソコン番組であるからデスプレイの画も多くなる、だいたいは3台のカメラで撮っているのだが、撮りきれない画がある。

ディレクターらしい作業としては、もう少し丁寧に見せたい部分、3台のカメラでは撮りきれないパソコン画面のアップとか、先生の判りづらいと感じた説明をあと撮りして編集する、まあ、そんな簡単な番組のディレクターをしていた。

記憶している数少ない番組は上の写真のもの,大川先生という、初めて外部の先生を教師にして作ったもので、これはちょっとだけ自由にディレクターらしい仕事が出来た。

下はホームページ作成ソフトを使ったホームページの作り方、まあ、こんなもの見なくても、ソフトを買って使っていくうちに出来ると思うけど、まあ、初心者に向けて、こういうソフトを使えば簡単に出来ますという案内だ。

アビオというアビバの子供向け教室が当時あり、そのCMも作った。

アビバショップチャンネルなんて通販番組も自由にやらせてもらった。

でも通常は「はじめてのホームページ」のようなパソコンソフトを使って、何かを作る番組。

たまにパソコンショップでパソコンの売れ筋ベストテンを取材するような番組を作ったような記憶も・・・

全部がパソコン関係 の番組だったはずだけど、なぜか「漢字検定〇級」みたいな番組も作った記憶がある、どこで放送していたのかは?だ。

おそらく100本以上の番組を作ったのに、こんなに覚えていないモノか?というぐらい覚えていない。基本的にはワード、エクセルなんかを使った、年賀状の作り方とか同窓会の案内状の作り方、とか、まあ同じ事の繰り返しの番組が多かったからだ。

自分の中では若干の黒歴史だけど、少しだけパソコンに詳しくなったのには感謝している。


avio


はじめてのホームページ