読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昔の事・今の事

基本noteと言うサイトや、他にキマグレに作ったブログからの転送で、加筆・訂正ありです。https://note.mu/zhou

「さよなら李香蘭」の事③(1989)

 

 天安門事件がおこり、中国ロケは終了しないままだったが、作品そのものを中断したり、制作中止にするという話にはならなかった。

 日本にもどり、すぐに国内ロケに入ったと思う。

 国内のロケも、普通のドラマでは考えられないスケールだった、国内で戦前のロケをするのは大変だ、愛知県の明治村に行ったり、九州、佐世保に行ったり、ちょっとした古い画になりそうな、さまざまな所でロケをした。

 勿論、セットでの撮影も多かったが、テレビ局のスタジオではなく、床が土の国際放映というスタジオにセットを建て込んだ。

 撮影の合間には沢口さんの{李香蘭}の歌の録音もあったりした。

 中国の状況はどうだったのか、気にはなっていたが、今となっては、あまり記憶にない。

 事件から2ヶ月が過ぎた頃、中国側から、また、ロケが出来ると連絡が来たようだ。

 複雑な気持ちだった、もちろん、政治的な事に口を出す気など、まったくないが、中国政府のやり方に納得出来ず、北京ロケが予定されていた、あるベテラン俳優が降板した。

 大林宣彦監督も、撮影していた「北京的西瓜」の中国ロケをやめていた。

 しかし、我々は状況が少し違う、もう中国ロケの90パーセントは撮り終っているのだ、撮り残した部分を撮る必要がある、それに、中国には、それまで力を合わせて撮影してきた仲間の中国人スタッフがいる。

 彼らは、あの動乱で、大丈夫だったのだろうか、そんな事も心配で、行きたくないより、行きたい気持ちの方が勝っていた。

出発は8月25日と決まった。

 

ほぼ3ヶ月ぶりの北京は、何も変わっていないように感じた、もちろん、それが良かったのかどうかは別問題。

久々の中国側スタッフは全員元気だった。

最後のスケジュール表と、全体を通したエキストラ表を載せておこう。

------------------------------------------

 最後の北京ロケは、正直なところ、どんな撮影をしたのか、スケジュール表も無くした今、思い出す手掛かりさえない、ただ、最終日は、あの沢口さんが体調を崩して来られなかった天橋劇場だった。

今度はエキストラ無しで舞台上の{李香蘭}の撮影であった。

 思い返せば、2か月にわたる中国ロケは楽しかった、スケジュールは、それほどキツイ訳では無かったが、心理的には最悪だった、小道具などの準備はすべて中国側で、何日も前に確認して、確認して、確認しても、当日無かったりした事もあった。

 逆に、それほど期待していなかったのに、スゴイ小道具が来た事もあった、日本軍が中国人を機関銃で虐殺する場面、その機関銃は、ホンモノそのもので、本来、薬莢の玉の部分は鉛で、それが火薬で飛び出すのだが、鉛の部分が、竹で出来ているのだ、だから、連続でダダダダダダと撃つと、竹の玉がダダダダダダと、飛び出すが、鉛と違い軽いので、すぐに風に舞って地に落ちる・・・それでもすごい迫力であった。

  撮影現場は黒山の人だかり、という表現がピッタリだった。

      *****************************************

 菊池桃子と沢口靖子。アイドルとのスリーショットはこれ一枚だ、

      *****************************************

 トイレの問題は打ち合わせの段階から出ていたが、どうしょうも無い部分でもあった。便秘になったスタッフもいた。

 開封という場所の空港で、その待ち時間、沢口靖子、清水ミチコ、秋本奈緒美が話しているのが聞こえてきた。沢口と清水が、トイレはちょっと・・・、と発言しているのに対して、秋本ひとり、「私、ぜんぜん平気、今もして来た」と発言していた、秋本奈緒美、オトコマエである。

 放送日は1989年12月1日と2日に決まった、

http://www.tvdrama-db.com/drama_info/p/id-25806

小さな打ち上げから、本物の李香蘭、山口淑子さんの出席する完成披露パーティーまで、撮影後もスタッフ・キャストと何回か合う機会があった。

この仕事で最後に沢口さんに会ったのは、演出部と沢口さんとのささやかな食事会で、原宿あたりの小さなレストランだった。

沢口さんは隣のテーブルの、僕の横にいた、沢口さんはメイクの女の子と、車の免許を取っているという話をしていた。

メイクの女の子が沢口さんに「どんな車が欲しいの」と聞いていた。

沢口さんは「アウディ」がいいと言っていた。メイクさんも「アウディいいね」と言っていたが、僕もメイクさんも、「アウディ」に縁が無い事は分かっていた。

沢口靖子は大スターだった。

      沢口さんの{李香蘭}ブロマイドです。

 

                             終。