昔の事・今の事

基本noteと言うサイトや、他にキマグレに作ったブログからの転送で、加筆・訂正ありです。https://note.mu/zhou

中国で家を買う・・・39

 

 

ある日、お隣の奥様が突然、ドアをノックして現れたのです、中国の玄関にはインタフォンも、呼び出しベルもありません、日本から持って来て取り付けようと妻には言ったのですが、「そんなの誰も見たことないから、取り付けてあっても使わない」と言うので諦めました。

で、ノックされたので、ドアを開けるしかなく、開けると、隣の奥さん。ナゼ隣の奥さんと判ったのかと言えば、隣のドアが開いていて、そこから出てきた感じで表れたから、おそらく僕が、この内装部屋に出勤する足音を聞きつけて、スグにやって来たのです。

妻は日本に行っていて居ません、「ハーイ、ニイハオ」それしか言葉は出てこない、お隣さん、何かを言っています、怒ってる感じではないのが救いだけど、意味不明。

「なにか、問題ですか?」いちおう英語で言って見ますが、これも通じないみたい、奥さん、一旦諦めて帰ったあと、すぐにまたノック、携帯を持って来て、「誰か中国語出来る人と話せない」まあ、そんな感じの事を言っているのだとは思うのですが、妻以外に通訳できそうな人も知らず、かといって国際電話させるのもナンダカ、と思い、出来る限りの中国語で「すいません、わかりません」というと、諦めて帰って行った。

さてさて、なんだろう、苦情があるとすれば騒音だけど、内装業者が入っていた頃はもっとスゴイ音で壁などを破壊していたので、それは無いような気がする、それでもまあ、最近少し遅くまで作業をしていたので、電気工具を使うような仕事は17時までと自分で決めて、また、日本語の音楽をたまに流していたのを、止めたりして、気を使いながらの作業になった。

いやぁ、中国語、勉強してない訳じゃない、過去には台湾で中国語学校にも通った事があった、しかし、難しすぎる発音、もう舌がついていかない。

そんな事もあったりして、終らない内装に、いつまでこんな事やってんだか、と、ちょっとイヤになってるこの頃です。

とりあえず、物置部屋の床張りが終了、それと平行してトイレの天井取り付け作業にも手を出し始めた所。

細かな手直しはまた後で・・・まあ、コツコツやればそのうち終るでしょう。

前回、材木を運んでもらうのに200元払った事を書いた、日本円にして4000円弱なんだけど、そのあとちょっと考えた。

200元でナニが食べられるか、この朝鮮族の街で有名なのは、なんと言っても{冷麺}。これが、だいたい15元で食べられる、200元あれば13杯食べられる計算、これを日本に置き換えると、やっぱり{ラーメン}だろう。

値段は難しいが、僕の好きな新宿などにある「博多天神」のとんこつラーメンは500円とお手ごろでおいしい、この500円のラーメンが13杯食べられると言う事は6500円。

まあ、単純なレート計算では価値がよく判らない。

中国で家を買う・・・38

 

 

コツコツと家の内装の毎日、まだ先は長いけど、終りが何となく見えて来てはいる。

妻が日本へ2週間ほど行く事になっていたので、材木の補充をする事にした、自分で図面を書き、必要な材木の本数などを把握はしているけど、反ったり、サイズが極端に違っていたり、使い物にならない材木が想像以上だったりする、困ったものだ。

前回材木を買った時、妻とふたり、20往復ぐらいして1階から6階まですべての材木を運び入れたのだけど、終ってみると、それはタイヘンな事ではあるけど、あと10往復ぐらいは行けたね・・・と妻と話した。

次は材木を買うのも3回目になる、もう{この板は1回で1枚しか運べない}とか{この角材は2束、10本は1回でイケる}なんて事がわかって来たので、妻が持てそうな分25往復と、自分で持てそうな30往復分の材木を買う事にして材木屋に向かう。

もう顔なじみだし、一番面倒な値段交渉もしなくて済む、欲しい材木の本数など確認をして、切ってもらう指示、トラックの手配など、妻とは家で確認を済ませているので、たまに何かを確認するだけで、言葉の出来ない僕はヒマだ。

材木を切るのは、日本と違いサイズがでかいので、切らないと階段を上れないからだ、ベニヤ板は1200センチ×2400センチだし、角材は4メートルある、そのまま持って上がりたいなら、ベランダからロープで引き上げると言われたが、とても素人にはムリだし、頼めばかなりのお金がかかりそうだ、だから切ってもらう。

そんな、6階まで30往復、やる気マンマンで材木を買いに行ったのだが、妻が「履きやすいスニーカーを日本に行くために洗っちゃった」から、この靴じゃダメかも、と言い出す・・・

まあ、疲れるのは目に見えてるし、お金で解決出来るのだからと、安ければ頼もうという事にする、経験上、安くても400元だろうと判断し、200元で運べるだけ運んでもらおうという事にする、別に僕は運ぶ気マンマンなのだから、半分だけでも運んでくれれば有難い。

しばらく待つと、材木を運んできた車が到着。

とりあえず、材木を降ろしながら、妻が料金交渉、全部を340元でやってくれるという、今までで一番安い、でも妻には、材木を買いすぎて200元しかないと言ってもらう、相手はいきなり100元下げて、240ならあるでしょ、と言ってきた(みたいだ)。

それでも200元しかないから、僕がこのベニヤ板を全部(40元分ぐらい)運ぶから、あとは200でやってくれない、と通訳してもらうと、なんと、なんと、全部200元でやってやるよ、って言ってくれた。

さすがに申し訳なくて5往復分ぐらい運んだけど、プロの運び屋は違う・・・

僕が1枚づつ運んでいた大きな板を4枚いっぺんに持つではないか、おそらくコツがあるのだろうが、それにしてもスゴイ、21cm巾に切った板も、梱包ようのテープでまとめて、ゴッソリ担いで行く、夫婦で最大60往復を考えていたのに、15往復程度、時間にして1時間チョイ、ぐらいで終らせてしまった。

1時間4000円なら悪くないだろう、これからの料金交渉に役立ちそうだ。

恐ろしい数の材木が集まったけど、最終的には、この2倍は必要な計算、とんでもない事を始めてしまった気がする。

作業報告としては、ふた部屋目の床貼りが終了、

最初の部屋とは違う材料で、ちょっとコストダウン。

そして、あまりにも、反ったり、サイズがおかしかったりする材木が多いので、ちょっと汚く出来てもかまわない物置にする部屋を、そんな材木を使って先に作ることに・・・。

以前、内装業者に石膏ボードで、ヒドイ物を作られた床暖房の配管隠しを木で作る、まあちょっと曲がった木なんかを使っているから、すごくキレイではないけど、前よりはマシなものが出来たと思う。

ちなみに、以前がコレ

最初はコレ・・・

しかし、まあ、先は長い・・・。

  中国で家を買う・・・37

 

この連載を書き始めたころ、こういう展開になるという想像はしていなかったので、段々と{買う}から離れていってしまったけれど、やっとひと部屋がほぼ完成したので、その報告です。

参考になるとは思えないけど、自分で内装するのは楽しいし、こちらの内装業者、自称プロに頼むより、経済的で、いいものが出来ます。

勿論、日本のプロからみたら、ヒドイ出来なのは承知だけど、大切なのは、
ほぼ水平が取れているって事。

まあ、何度も何度も書いてるけど、水平の考え方がまるで違う人たち...

ちゃんとした人もいるだろうけど、ここで僕が出会った人たちは、100パーセントいいかげんだった。だいたい真直ぐなら水平という認識。

上の写真の{福}も曲がって貼られてるけど、そんな事どうでもいいのだ。

あと、本当の木が使えるって事も大切、こちらで売ってる床材は、木屑をプラスチックで固めたような板の上にプリントされた木目が入ってるものが主流、やっぱりホンモノの木は暖かいのだ。

            ****************

で内装の話。

最初はこんな感じのコンクリ打ちっぱなしの部屋だったんだけど。

とりあえず大きな穴なんかを埋めて、

白ペンキをぬり、そのあと、日本でいうところの漆喰のような壁材を塗って、サンドペーパーで磨いたあと、もう一度白ペンキを塗って・・・

いちおう壁は完成。

そのあと、床板を張る枠組みを作って、枠に水平器を当てながら木片を挟み込んで全体的な水平を出してゆく。

いやあ・・・中央部分とカドは約2センチの差が・・・、コンクリの床部分には床暖房のホースが埋まっているので、クギなどが打てない・・・

本当はもっと太い材木を使いたかったのだけど、予算的な事もあって、細いものに、これがまあ規格がバラバラで、数ミリの誤差は当たり前、さらに反ったりして、水平がなんなのか判らなくなる。

それでも、まあ・・・

集成材を21センチ巾にカットして張りあわせ、隙間を埋め、サンドペーパーで磨き・・・

一度目のニス塗りが完了。

まだ完成では無いけど、なんとなく形が見えてきた、一応ここが僕の部屋という事で、失敗した部分の数々は次の部屋で、反省点を生かそうと・・・しかしまだあと4部屋と廊下・・・

先は長いぞ・・・。

中国で家を買う・・・36

 

コンクリート打ちっぱなしの部屋を自分で内装する日々。

プロに頼めば1ヶ月ちょっとで終ってるはずなのに、もう4ヶ月が経とうとしている、妻ももう嫌気がさして、プロに頼もうかと言ってくるが、妻だってこの国にプロがいない事は判ってる。

床の水平ひとつ取れないのだ、だから一人でコツコツと床の水平を取ったり、壁を作ったりの毎日、妻も壁の白塗りをしている、

なぜ作業が進まないかと言うと作業時間が少ないから、日本なら、まあ朝10時から、夜10時ぐらいまで、自分の事なので普通に作業をしていると思うけど、ここでは終電ならぬ終バスが早いから。

バスに時刻表など無い、ただ、最終バス6時10分と書かれているだけで、この時間はおそらく始点を出発する時間で、自分が乗るバス停に来る時間は、おそらく5時30分ぐらいだろうと想像して、夕方5時には遅くとも作業を終らせている。

家まで歩けば40分ほど、もちろん歩けない距離ではないが、40分中10分は街灯もなく、真っ暗な凍った雪の坂道だ、雪さえ無ければ自転車に乗るのだが、この季節はちょっと無理なので、バスのある時間内だけ働いている、まあ悪くないけど、作業は進まない。

 

2月8日は中国の正月で、休日入るのは判っていたので、それまでに材木の補充をしておこうと、2月3日に材木を買いに行ったのだが、危機一髪・・・という程でも無いけど、材木屋さん、この日、仕事納めで、午後からは店を閉めるという・・・

そんな状況なので、あまり仕事熱心でもない従業員にあれこれ聞いて、材木を購入、それを運ぶトラックの手配、材木を切断してもらう木工所の手配などして、(全部妻が・・・)内装しているマンションへ先回りして、材木を待ち構える。

トラック運転手はただ材木を運ぶだけで、降ろすのは手伝わない、まあこんな事には慣れたので驚かないけど、運送料50元で話はついていたはずなのに、僕が日本人と判ると70元と吹っ掛けてきた、それは妻の想像ではあるけど、そういう事が多いのは事実で、買い物に行くと妻は店内でしゃべるなという、値段を聞く前に日本人とわかると、特別価格を出してくる場合がある・・・

材木に話を戻すと、今回もまた、6階まで自分たちで運ぶ事にした、節約だけど、結果的には夫婦で40往復、かなりの運動量だ。

降ろした材木の写真、こちらの材木、角材は長さ4メートルが基本で、板は1200×2400の大きさ、これでは階段が上がらないので角材は3メートルで切ってもらい、板は縦半分に・・・

すっかり暗くなる頃に部屋に入れ、反らないように数本ずつ縛ったりして作業終了。

さすがに春節前後はお休みしたけど、すぐに内装再開。

とりあえずトイレ前の壁を板張りにしました。

そして、僕の部屋になる予定の床貼り準備・・・

とにかく、床の完全水平をめざして少しづつ作業、しかし、自分でもちょっとウンザリしています。

まあ春までには終らせたい・・・なあ。

 

 

中国で家を買う・・・35

 

今は自分で内装をしているので、とりたてて書くこともないのだが、ちょっとだけ進行状況を書いておこうと思う。

結局、中国人に床の水平をとってもらう事は不可能だったので、せめて自分で内装する部屋はキッチリ水平をとりたいと思い、なんだかすごい苦労をしている。

イメージとしてはデコボコな床いっぱいにスノコのようなものを敷き、そのスノコに水平器をあてながら、水平を見極め、スノコの足の部分に細かい板などを挟みスノコを水平にし、スノコの足元をセメントで固める・・・

本当は床にクギでも打ち、固定出来ればいいのだけど、床には床暖房のホースが埋まっているのでクギは厳禁、それが結構な苦労。

こんな感じ・・・

いや、結構タイヘンだし、床もデコボコ、材木も反っていたりして、もう水平ってなんだっけ・・・と思うぐらいよく判らない状態、だけどまあ、こうして取った水平の上に床板を打ちつけていこうという考え・・・

あとはトイレのドアを取り付けたり、壁を作るための柱を固定したり・・・

ちょっとばかり買った材木が想像よりも反ってしまったり、サイズが揃ってなくて使えなかったりして、中国の春節前には、また材木を買いに行かなくてはダメそう。

あと、今住んでいる借家ではタイヘンな事が・・・

壁のシミがわかっていただけるでしょうか・・・

5階の廊下の窓が開いていて、水道管が破裂、この時期、深夜はマイナス25度になるので、まあそんな事も・・・

で、壁といっても、積まれたレンガに薄くコンクリを塗っただけの壁は水を吸収して、4階の我が家も、この有様・・・

新しいマンションも気をつけなくちゃ・・・本当に中国の住宅は怖い・・・

    ***************

もうひとつ怖い物件を見つけたので、ついでにご紹介・・・

一見、タイル張りのソコソコ立派なマンション

その下の部分に注目・・・

逆側からの写真

そのアップ・・・

もう写真に書いちゃったけど、発泡スチロールで固められたマンション・・・

まあこの地方じゃよくあることだけど、ここまでやりっ放しなマンションは中々無い・・・

中国は怖い・・・。

 

中国で家を買う・・・34

 

ちょっと体調を崩してしまい、ちょっとノンビリ・・・色々お休みしておりましたが、そろそろ動き出そうかと・・・、今は自分で内装しているので、休んだ所で、誰かに迷惑かけるわけでもないので、ちょっとナマケぎみです。

このところやっていたのは、コンクリートに穴をあけ、プラスチック製のアンカーを打ち込み、材木を固定する・・・地味で退屈でタイヘンな仕事、しかし、中国でこんな事をやってくれる人を探すのは、もっとタイヘン。

コンクリートに穴をあける人は材木を扱わない、材木を扱う人はペンキは塗らない。

壁に合わせて材木を切り、ドリルで穴を開け、その穴と同じ位置に、コンクリート壁に穴を開け、色を塗った材木を固定する、ひとりでコツコツとやる分には問題ないが、頼むとすれば3人の業者が入る事になる。

壁は曲がっているので、水平、垂直をとるのもタイヘンだし、材木に取り付けるドアも古いもので、曲がっていたりするので、水平が正解でもない・・・

だいたいそんな事をしているのだけど、全く誰とも関わらないという訳にもいかない。

コンクリートに穴を開ける・・・そんなドリルの刃は以外と早くダメになるので、しょっちゅう金物屋に出かける。

中国で買い物をするのはタイヘンだ、中国人だからボラレない、という事は無い。

ドリルの刃、8ミリのものは4元で、それがだいたいの相場だ、いつも行く店なら、もうその値段で売ってくれるが、初めて行く店では同じメーカーの同じ品でも6元だ7元だと言ってくる。

当然、値下げ交渉で4元にしてくれればいいけど、5元から下げない店もある、それは、高く売りたい、より、単に商品知識がなく、いくらで仕入れたか覚えていない場合もあったりする。

中国にはまれに、すごく良心的な店もある、なじみになった金物屋がそうなのだが、ドリルの刃は最初から4元だった。

最近思うのだが、値下げ交渉をして、下げてくれる店・・・そういう店は、いいように思うけど、実際はダメだ、最初は高く売ろうとしていたのだ、交渉しなければ、高く買わされていたのだ。

何軒か回る必要はあるけど、交渉しても「これ以上下げられないよ」という店が、だいたい良い店だ、ただ、商品知識がなく、間違った価格を言う場合もあるから注意が必要。

なぜ4元で売ってるのが判ってる店にいつも行かず、色々な店を回っているかというと、もっと切れ味の良いドリルの刃が無いかと探しているから・・・

ドリルの刃に関して言えば、3つぐらいのメーカーしか無いようで、切れ味はイマイチ、日本円でいうなら、80円のコンクリート用ドリルの刃が、良い訳ないと思ってしまう。

だいたい2つ穴を開けると切れ味が落ちてくる、日本でこんなに穴を開けた事がないので、日本製なら・・・は良くわからない。

もうひとつ探していたのは色・・・

内装している部屋に7枚のドアや窓を取り付ける予定で、まあ、予算的な事もあり、それらを4色に塗り分けることにした。

まあ自分で決めた事なのでどうでも変更可能だが、簡単に言えば水色・緑・黄色・ピンクの4色、それぞれがちょっと淡い色合い、壁に塗るため、白ペンキは大量に購入してあり、そこに原色のペンキを混ぜて色を作ろうとしたのだけど、色が無い・・・。

ちゃんと作れたのは水色だけ、おそらく黄色も出来ると思う、というのは、青と黄色は日本と同じ色があるのだけど、赤と緑の色は、どうにも日本で売っている赤と緑ではなく、違う色なのだ。

じゃあ、どんな色だと言えば、赤と緑としか言いようがないのだけど・・・

難しい・・・もっとも、ちゃんとペンキ屋さんにいけば好みの色を作ってもらう事は出来る・・・ただし、2リットルで700元(約14000円)、白ペンキは18リットルで400元(約8000円)迷う所だ・・・。

中国で家を買う・・・33

 

新年に問題点の洗い出し・・・胃が痛くなる思いだ、どうして新築なのにこんな問題がおきてくるのか・・・そして、こんなに、問題だと思っているのに、中国人にとってはどうでもイイような問題だという不思議さ・・・。

家なんて雨風がしのげて、住めればいいのさ・・・確かにそのとうり、かもしれない。

日本人にとって、家は一生ものである、これが日本のマンションであれば、僕にとっては子供たちに残す、唯一の財産という考え方も出来る。

中国で家を買う、それが住む家であれば(例えば僕にとって1軒目の家であれば)税金はかからないそうだ、ただ、2軒目だと、投資目的とみなされ課税されるという。

ただし・・・これはよく判らないのだが、中国で家を買う、という行為は一生モノではない、例えば絵を買う、壷を買う・・・その絵や壷は、僕が死んでも子が貰う・・・孫が貰う・・・という感じで永遠に{ウチ}のものだが、中国の家は70年で国家に没収されるらしい・・・実際に没収されるか?は判らないが、契約書には70年だけ、と書かれている・・・

マンションが建った2012年から70年後の2082年までの70年。

70年後に僕は居ないし、どうでもイイ事でもあるが、永遠に{ウチ}のものではない、という感覚が、住宅をどうでもイイものにしているのかも知れない。

それはとも角、僕はちゃんとした家に住みたいのである!!!

まず、玄関。

玄関のドアまわり、スキマだらけだ、ドア枠にはヒビ・・・

部屋のドアとドア枠は特にヒドイ。

内装の順番として、床を先に敷いてからドアを取り付ければ、こんな事にはならなかったと思う、ただし、床板のサイズ(厚み)が決まっていて、その分をあけて枠を取り付ければイイのかもしれない・・・と思ってしまったのがバカだった。

僕は中国語が出来ないので、妻がその事を確認したのだが、ドアを先に取り付ける理由として、「ドアを取り付けた後に壁の白塗りをするから、床が敷いてあると、白塗りが出来ないでしょ」・・・だった。

良くわからないが、妻の通訳の問題もあるし、内装業者がそういうのだから、と任せてしまったのだが、

「床が敷いてあると、白塗りが出来ないでしょ」というのは、床に白いペンキが付いちゃうよ、という意味で、付かないように、養生をすれば問題ないのだが、養生をする、とか、保護するという意識がないので、床が敷いてあると、白塗りが出来ない、という極論になってしまうのだ、バカじゃないの!!!

イライラしてはいけない。

あと、放置された7階のトイレの天井部分。

あまりにやりっぱなし、配線だけはちゃんとする約束であったのだが・・・

そして、床と壁・・・

ここは、本来{巾木}で隠すので、隙間自体は問題ないのだが、こちらで売ってる巾木というもの、見た限りではすべて安っぽいプラスチック製でゴテゴテに飾った感じの、ちょっと使う気になれないものばかり・・・で、これは木工屋さんに頼んで、ホンモノの木で、シンプルに作ってもらおうと思っている・・・けど、壁が湾曲しているので取り付けをどうしようか・・・と。

とりあえずの頭痛のタネ・・を書き出してみた・・・

まだ、壁のヒビ、欠けたタイル、ベランダの床の水平、もれてくる雨どいの水、穴のあいた外壁・・・

ひとつづつ、解決して行くしかない・・・

 

7階部分の内装はコツコツと進んでいる、試行錯誤しながらだし、基礎工事がヒドイので悩みは尽きないけど、まあ、楽しみながらやっているし、中国人のプロよりはイイ出来だと思う。

1回目の白塗りが終って、部分的に2度塗りの途中、これは妻担当で、僕は壁とか、部屋のドアの取り付けをやっている。

床暖房のせいか、材木が反りまくって困っている、でもまあ、なんとかなるだろう・・・。