昔の事・今の事

基本noteと言うサイトや、他にキマグレに作ったブログからの転送で、加筆・訂正ありです。https://note.mu/zhou

あきれるPFFアワード2017の対応。

 

ケッコウ怒ってるけど、事実だけを、いや事実と想像を少しまぜて書いておこうと思う。

PFF(ぴあフィルムフェスティバル)という、まあ自主制作映画のコンテストみたいなものがある。

映画を作った以上、大勢の人に見てもらいたい、応募する事は見てもらう為の第一歩だ。

2017年度の応募締め切りは2017年3月23日消印有効だった。

 

「中国に家を買う」という作品を編集中で、まだ差し替えたい画などもあったが、不満足であっても出さないより出したほうがマシだ。

 

締め切りの前日の3月22日、中国から作品のDVDをEMSで郵送。ここに画像は載せないが、22日消印の送り状は保存してある。

 

送る為のイロイロな約束事などPFFのホームページにあるが、ここでは省こう、とりあえず、締め切りの前日には送った。

 

ホームページに「到着が確認できましたら、受付完了のハガキをお送りします(海外の方
はメールでご連絡します)。」とある、

まあ中国からなので到着までに1週間はかかるだろうと、気長にメールを待つ。

が、ぜんぜんメールが来ない、中国からの郵便物はまれに届かない事があるので、心配になり、日時は覚えていないのだが、4月に入ってから「PFF事務局」に電話を入れてみる。

 

エントリーナンバー12345(仮)で応募した者ですが・・・と。

電話口の相手の名前は聞き忘れたのだが「届いてますよ」と簡単に言われる。

 

ここで一安心してしまった、届いていればOKなのだが、なぜメールが来ないのか聞くべきだったと今にしては思う。

 ともかく、(海外の方はメールでご連絡します) というメールが来ないまま

時は流れて・・・

 

2017年7月、PFFの入選作が発表された、落選だ。

まあ、それは仕方のないこと、いくら自信作であっても、500名以上の応募者全員が自信作を送っているのだ、落選でいちいちクヨクヨしていられない・・・が。

 

PFFのホームページにこういう記述がある「入選発表について 2017年7月、PFF公式ホームページにて発表。同時に応募者全員に郵送にて審査結果を通知します

 

いやいや、応募者全員とあるのに来ていないぞ、まあ、郵送なら1週間は以上はかかるかもしれないし、郵便物が届かない可能性もある・・・

 

しかし、応募した時のことが気になった、電話口で「届いた」とは言われたけど、消印の部分が読み取れなくて受け付けて貰えなかったのではないか、審査されていないのではないか・・・

だからメールもくれなかったのではないか・・・

 

海外にいて情報がないと、イロイロと不安になってしまう。

 

でもまあ、ここは中国だからと、1ヶ月ほど待ってFAXを送る、この時代にナンだかな・・・と思うがPFF事務局のお問合せは電話とFAXしかない、なぜメールアドレスがないんだ! と憤慨しても仕方ない、けっこう苦労して、お金も使いPCから問い合わせのFAXを送る。(中国にはFAXが送れるようなコンビニなんてないんだ!)

 

電話をする気にはなれなかった、中国から担当者につながるまでの電話代も気になるし、また気軽に「審査したよ」って言われても困るからだ、FAXの内容を簡単に書けば、「作品を送ったのになんの連絡もありません、ちゃんと審査されたのでしょうか」という事。

 

返信が来た、8月8日の日付だ、Eさんという方からで、丁寧なお詫びのメールではあったが、これも簡単に書くと「連絡が届いていなくて申し訳ありません」と言う事で、どうしてそうなったのかの説明がまったくない、納得は出来ないが「審査もちゃんとしてる」「審査コメントは8月中には送る」という事なので、とりあえず、それを待つ事にする。

 

しかし8月は終り9月に入る、もう嫌な想像しか浮かばない、本当は審査などしてなくて、あわてて誰かに見せて、とりあえず落選理由を明確にしたコメントを書かせているのではないか、だから、メールが遅れているのではないか・・・

 

9月にはいって、仕方なくこちらからメールを書く「審査してないなら正直に言って欲しい」

 

あわてたようにEさんからメールが来る、この人、言われた事しか出来ない、人の不安を思いやって、丁寧な説明をしようとしない。もう、とりあえず書かせたコメントとしか読めないものを送ってきた、どちらにしろ、なんの証拠もない。

 

ただ、ホームページの ※PFFでは審査の際、作品の最初から最後まで、途中で止めることも早送りすることもなく完全に観ることを決まりとしています。

という記述が、すごくしらじらしい、そんなの当たり前だ。

 

こちらからの質問に答えるだけの、PFFの対応は、どう考えてもオソマツである。

 

 

 

 

 

 

 

マヨネーズ

 

f:id:OLD:20170619111150j:plain日本でマヨネーズをナニに使っていたのか・・・まずサラダ、ポテトサラダとかね。

お好み焼きもよく作って、ソースとマヨネーズは欠かせなかった。

あと、アタリメとか、あぶったイカに、醤油、マヨネーズ、七味唐辛子の組み合わせ最高!。

 

今、住んでいる中国では、まだ、マヨネーズが一般的ではない、延吉市は韓国に近いので、韓国製のマヨネーズが主流で、キューピーも少しある感じ、ただ、バカ高い。

 

ネットで検索してみるとかなりの種類のマヨネーズが売られていることが分かった、中国製のマヨネーズもあり、当然だけど、キューピーより安い。

 

しかし、ためしに買ってみたところ、甘い、こんな甘いマヨネーズがあるのか?、これをマヨネーズと呼べるのか・・・

 

そんな感じだったので、あらためてキューピーを購入、まだ開封していない、日本のメーカーだが、製造は中国・北京のようだ、中国風の味付けになっていない事を祈る。

 

f:id:OLD:20170619115109j:plain

大切なもの

f:id:OLD:20170509230847j:plain

千年松という大切にされているだろう松の木

 

f:id:OLD:20170509230904j:plain

 

 

f:id:OLD:20170509231013j:plain

そんな大切な木にクギを打ち込む中国の不思議。

 

 

シン・ゴジラ

日本から持って帰ったビデオプロジェクターとブルーレイプレイヤー、そしてスピーカーをつないで、壁一面に映写して「シン・ゴジラ」を見る。

映画は基本的に映画館で見る、それは、映画館で映画を見ない人が作った映画なんか、映画館に来てもらえるはずが無いと思ってるから。

かつて映像の作り手だった自分が、映画館で映画を見なくなったら終わりだという気がする。

しかし、中国の映画館の客層のヒドサ、映画館の映画に対する愛情の無さに、イライラさせられる事が多くて、自宅で映画館気分を味わいたくなってしまった。

 

壁一面といっても、100インチより少し大きいぐらいか、ちょっと寂しいけど悪くない。

「シン・ゴジラ」も面白かった。

f:id:OLD:20170419005321j:plain

ちょっとムリして買ったBOSEのスピーカーは低音が響きすぎて良くなかった、もっと硬い音の出るスピーカーを探さねば。

 

手作りソース。

 

f:id:OLD:20170228233036j:plain

 

手作りのウスターソースが美味しい。

昨日、一ヶ月ぶりぐらいに作ったのが上の写真、結構出来るし、煮沸消毒したビンに入れて三ヶ月ほどもつというけど、なんだかんだ使って一ヶ月ほどで無くなる。

中国で暮らして、困るのは欲しいものが簡単に手に入らない事、ウスターソースもそのひとつ。

手に入らないなら作ろう、という事で調べると、結構大変である、色々と香辛料とか必要で、めんどくさい。

今ちょっと調べても・・・

シナモン 2g
ナツメグ 2g
一味唐辛子 2g
クローブ (ホール) 2g
オールスパイス 5g
セージ 2g
タイム 1g
クミン 1g
カルダモン 1g
ローリエ 3枚

だいたい、こんな感じで、そんなに香辛料買うの?、高いだろ!、面倒だよ。

となって、あきらめながらも、とんかつにはソースだろという思いは消えず、調べた中で一番簡単なものを自分流のアレンジして作ったら美味しかった。

必要な香辛料はクローブとシナモンだけ、胡椒と塩、砂糖ぐらいは普通にあるだろうから問題ないだろう。

ついでに書くと、料理本の人参1本、タマネギ3個とか、大きさも違うし、よく判らない、グラムで書かれても、全部計るなんて面倒だ。

特に奥さんが外国人だと{普通の大きさ}の単位がまったく違うので笑ってしまうしか無い事がある

単位は{手}だ、手なんて大きな人もいれば、小さい人もいるけど、そのぐらい適当な感じで大丈夫。

材料。
にんじん、グー1個(以下、単位は基本、大人のジャンケンのグー)
トマト、グー3個。
タマネギ、グー1個
セロリ、パー1個。(雰囲気でグーの半分)
ニンニク、親指1本。
しょうが、親指1本。
干し椎茸、パー1個。
パイナップル、グー1個。
リンゴ、パー1個。

香辛料。
クローブ、小指の先1本。
黒粒胡椒、小指の先1本。
シナモンスティック、小指1本。

以上のものを水5カップで1時間煮る。

冷めたらフードプロセッサーでつぶして、以下の調味料を入れ、30分煮る。

調味料。(これだけは計ったほうがいいかも)
醤油、1カップ。
黒酢、2/3カップ。
黒砂糖、親指2本。
塩、小指の爪。

冷ませば完成。

こんなに簡単にソースが出来るのって感じ。

ソースとしてとんかつ、コロッケ、なんでもかけて食べるのもokだけど、ミートソース作りとか、色々と隠し味的に使うのも美味しい。

材料をそろえる手間はあるけど、これだけ美味しければ、そこまで大変とは思えなくなる。

 

 

元宵节

元宵节らしい。

 

今日は爆竹、花火がうるさかった。

中国人の困ったところは、後始末をしない事、街中汚しっぱなし。

やるならちゃんと片付けてよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビデオ編集

「中国で家を買う」で撮りためた写真を構成してドキュメンタリー作品を作っている。

昨年から始めたものの、どうも面白くなく、やり直しを重ね、少しづつ前進しているが、なかなか進まない。